調子の悪いATMを使うと、その次の回が面倒臭い模様。

それは某郵便局で、通帳を記帳しようとした時のこと。
普通に通帳を入れて、普通に「通常貯金」を選択して、記帳開始・・・ってアレ。

「正しいページを開いて入れ直して下さい」(確かこんな感じの)
・・・何コレ。今まで見たことないメッセージが。通帳吐き出されているし。

いやいやいや、あと数行記帳出来ますから。確かにその前のATMの印刷ズレが酷くて
行間詰まり&全体的に左に少しずつズレていて(要するに通帳送りのローラーがもうダメっててことですな)、よく数えると1行ぐらい空白が出来そうなのだが、それを考慮しても
まだ通帳に記帳出来る行残っていますから。

なので、指示された通り通帳を入れ直してみるものの、何度かやってもダメ。一度手続き自体をキャンセルして再度やってもダメ。何コレ。

仕方ないので窓口に持っていって状況を話すと、担当者が「通帳の状態確認しますね」といって中の機械に通帳を通して何か確認してる・・・そしておや、記帳されている音が。

結果、通帳はズレている行をすっ飛ばし、正しい位置に追加記帳された状態で戻ってきました、と。
窓口の担当者曰く、前回のATMの印刷ズレが酷いため、ATMが「記帳を開始する場所」を判定出来ず、こんなことになってしまったという。で、今回は中の機械で正しい位置に追記したので、次回以降は普通にATMで使えます、とのこと。

・・・ふ~ん。まぁ今回はそこまで時間がクリティカルの状況で無かったから良かったけど。
急いでる時に喰らうと結構頭に来るだろうなぁ、と思う、そんな出来事でした、はい。

P.S. ちなみにこのズレた記帳をやらかしてくれたのは某繁華街の横の、いつも行列が出来ている、明らかに稼働が無茶苦茶高そうなATM。こういうトコのは以後避けた方がいいのかね・・・

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.